前へ
次へ

クレジットカード現金化会社と消費者金融との違い

クレジットカード現金化会社と消費者金融とはどう違うのでしょうか。どちらも必要な時にお金を短い時間でお金の用立てをしてくれますので、同じような種類の業種だと勘違いされている人達が大変多いです。結論から先に申し上げますとクレジットカード現金化会社と消費者金融とは全く別の種類の会社です。銀行とか消費者金融などの金融業者は当たり前ですがお金を貸すのを商売としています。それに対してクレジットカード現金化会社が行なっているビジネスは、インターネット上で数多く見かける通販サイトと全く同じ内容です。つまりクレジットカード現金化会社のビジネスはインターネットサイト上で商品を販売するビジネスということになります。

それではなぜクレジットカード現金化会社で必要な現金が入手できるのでしょうか。それには大きな秘密がされていました。そのやり方はクレジットカード現金化会社の経営理念と経営方針により違います。クレジットカード現金化の会社はお金を貸してくれるというよりは、キャッシュバック付きの商品を販売して、利用者が商品購入後に大きなキャッシュバックを受けて現金を入手できるというシステムです。そういう流れですから、クレジットカード現金化の会社は貸金会社とは全く違うということができます。貸金業法の管理下にあるわけではないのです。 クレジットカード現金化の会社は通信販売の業種に分類されているというのをご存知でしょうか。 通信販売に分類されているということは金融機関のように直接お金を取り扱っているというわけではないということになります。その差をご理解していただけましたでしょうか。

Page Top